スライドショー SLIDESHOW
(スライドショー中にスライドをクリックすると(又は英字キーを押すと)操作方法が表示されます。During the slideshow, click a slide (or press any alphabet key) to view HELP.)

TIPS

[F11]: フルスクリーン表示 ON-OFF  

[F11]: Full-screen Presentation ON-OFF

写真クリックでズーム ON-OFF

Click photo to zoom up/down.

[Ctrl]を押しながらマウスホイールでウインドウをズーム

To zoom the window, turn the mouse wheel while holding [Ctrl] down.


5月11―13日(月―水)関空発=>クアラルンプール=>ジョクジャカルタ着 AirAsia一人27,000

PM6自宅から関空へ。滑走路進入時に故障判明、出発24時間遅れとなり空港で一夜を過ごす。最悪 (`ヘ´)

お詫び食事券(一人当たり2千円x2+1千円)を使い、関空内のがんこ寿司  ^_^)/▽▽\(^_^

翌日深夜『昨日便』にて乗換地クアラルンプール第2LCC空港(KLIA2)に向う。関空=>マレーシア=>ジョクジャ一人2.7万円

関空など足元にも及ばない巨大デラックスKLIA2空港内のフードコートで朝昼食(550x2)

悪趣味のAirAsia機に乗換後ジョクジャカルタ(インドネシア)着。ビザUS$35x2払う。(/)

客引でごった返すタクシー乗場。TOYOTA SUV新車ハイヤー (700円安い)で予約しておいたホテルへ。

Pan Family Hotel (朝食付3200/)は商業地区から少し離れており、たいへん広い敷地。団体客用大型レストランが本業。

宿泊客の朝食テーブル。

蘭を寄生させている。

フレンドリーなスタッフ。早速チェックイン。2Fは空いてなく1Fで我慢。洗濯700/Kg

広い部屋。椅子は宴会場から勝手に持ってきて追加 (^-^;

水回りも清潔そう。お湯も出る. ホース式手動ウォシュレットもOK.

大きい窓の外は池を望むベランダ。ベッドから大木が見え快適。

裏から見るとこんな具合。

蚊はいないが蟻いる。池には家鴨3羽と鯉多数。いい眺め。

屋上からの眺め。田んぼの向こうに市街地。近くに回教寺院があり時たまアサーンが聞こえてくる。

近所を散策中強烈なスコール。食堂に駆込みナシゴレン+ドリアン/オレンジ生ジュース+=300円安!

 


5月14日(木)(晴れ)王宮・周辺を見物。

朝食。トーストはセルフサービス。

やがてナシチャンプルーとフルーツが運ばれてくる。

ベチャ(自転車タクシー)を300円に値切ってクラトン(王宮)へ。

小銭あるかしら? (到着時つり銭がないと言われる。乗る前に運転手の財布を開けさせ釣銭を確認しておくこと。)

宮殿入口のガムラン定時演奏会場。

やたら広い宮殿。

王様は近辺一帯も所有、人々に只で貸しており、最低限だが給料も払っている。

ガルーダの彫刻付輿。

午前中なので木陰は涼しい。

大木が多い。

近辺から来ている使用人。殿上人は腰に短剣をさしている。

王様お気に入り調味料の数々σ(^^)

大木をくりぬいた太鼓。

ワヤンクリ(影絵芝居)独特のキャラクター。

王宮を出て周辺地域へ。

大木の下で休憩していたらバイクタクシーの運転手が只で(ホント)ガイドしてくれる。

住人は形式上王様の家来でバティック(ロウケツ染め)、手工芸に従事。

水牛の皮をくりぬいて作ったワヤンクリ(影絵芝居)の人形。高価!

喫茶店でコーヒー豆を食べさせるために飼っているジャコウネコ。

消化されずに出てきた豆を加工したラワックコーヒーは一杯何千円もする。

鳥のマニアが多い。声を競わせる。

ジャスミン?

ワルン(屋台)で昼食。

無料ガイドのお兄さんも一緒。回教徒だが豚肉大好き、両親共に手工芸だそう。

 

ポピュラーなガドガド。

隣のワルンから取り寄せたソトアヤム(チキンスープ)が旨い。テンペ(納豆はイマイチ)。三人前全部でたった千円

食後王族経営の高級レストランでビール。(持帰り含め3本で1710円、高!)

ガムランに合わせておばさんが時々お茶を飲み乍ら歌います(#_#

一旦帰ってシャワー後ベチャで繁華街マリオボロ方面へ。名物の饅頭を買う。

地元の食堂で夕食(空芯菜炒め+シーフード野菜炒め+ミーゴレン+お茶=760円、美味しい)

 

5月15日(金)パランバナン寺院・ワヤンクリ(影絵芝居)

6:30起床。定番朝食、ナシチャンプルー。メータータクシー350円(ベチャより安い!)で駅近くの銀行へ行き両替。日本よりレート良い。

トランスジョクジャの冷房バス(一人35円)で45分位で世界遺産プランバナン着。

ASEAN国民は入場料一人2250円 高 (`ヘ´) 朝から大勢の人。

ロロジョングラン寺院は遥か彼方。影がないので暑い。

だんだん近づく。すごく大きい。

木陰で一休み。

急な石段を登って内部へ。

中からの眺め。

内部は風が通って結構涼しい。

このようなレリーフ多し。

ヒンズーの神様。

大蛇ナーガ?

ロロジョングラン寺院を後にする。

ロロジョングラン寺院遠景。

大木の影を伝って遺跡公園最深部の仏教寺院セウに向う。

公園は果てしなく広い。無料トレーラーに乗らなかったのが悔やまれる。

やっとセウ寺院入口にたどり着く。

イスラム教徒も記念撮影。

寺院多数。修復中の物もある。

メインの寺院に入場。

菩薩像。

涼しい。

帰路キャンプ中の写真大好きガールスカウト群に遭遇。嬉しそうな私(*^^*

公園内のレストランで昼食。ナシゴレン+ミーゴレン+お茶=700 (高い不味い)

超満員のバスでジョクジャの繁華街マリオボロに帰ってくる。馬車は日常的に走っている。

週末で特に人多くウンザリ。有名なブリンハルジョ市場もパス。

マリオボロは昔来た時よりもつまらなくなっている。

 

王宮近くで婆さんがバナナを揚げているのを発見。

山盛りでたった20円。物凄く美味しいく完食。丁度近くに住む息子さんが通りかかってお話。

適当なレストランなく、暗い王宮横の寂れた労働者用ワルン(屋台)で夕食。

ナシチャンプルー1人たった150.

ワヤンクリ(影絵芝居)を観るためソノブドヨ博物館へ。舞台裏はガムラン楽器、人形がわんさか。

一人の人形遣いが、とっかえひっかえ使う。

人形芝居使いはあせだくで頑張ってるのにガムラン奏者は暇になるとパン等を食べるのはやめてほしい。

女性歌手2人の向こうでライトに照らされているのが人形使い。語り、足で楽器も鳴らすしチンドン屋状態。

影絵はスクリーンの裏側で見る。闘争場面では人形が飛び交い迫力満点。

 

ポテチを買って帰宅、ベランダでビンタンビール。至福の時。

住み着いているヤモリが「チ チ」と鳴く。

 

5月16日(土)古都ソロへ日帰り旅行。

今日はホテルでは結婚披露宴らしい。

今日の朝食はナシゴレン。

メータータクシーを捕まえて駅(裏側の長距離乗り場)へ。

なかなか立派な駅。

改札内も広くて涼しい。キョロキョロしてたら駅員が目的ホームまで連れてってくれた。

やがてデイーゼル列車。

何故か柵の所に停車、乗り遅れてはならじと短い脚で苦労して乗車。隣の入口には柵がない事が後で分った。

急行列車なので結構な乗り心地。

待ち構えていた爺さんのベチャを150円に値切って骨董市場へ。気の毒なので200円払った。

真贋、ガラクタ高級取り混ぜわんさか。

地球の歩き方にでていたレストラン クスマ サリで昼食。ファミレス状態

ドリアンのアイスは濃厚で大変美味しい。臭みなし。

バテイック工房の集まるカウマン地区へ。

ジョクジャと並ぶバテイックの産地。但し伝統的な幾何学模様が殆ど。

雰囲気のある街並み。

独特のセンス。

クレウエル市場に行ってみたが大したことなし。

カウマン地区へ戻って街歩き。

確かにセンスがある。

生活感あり。

市電の通るメイン道には名物スラビの屋台が多い。

早速買い食い。345

ベチャでソロ駅へ。急行切符買うにはパスポート必要。たまたまコピー持っていたためOK.

急行列車は指定席、冷房で快適。

ジョクジャ着、マリオボロのショッピングセンター内で夕食二人で750

週末ごった返しているマリオボロをベチャで帰宅。

 

5月17日(日)買い物

定番ナシチャンプルで朝食。

 

民芸品を求めてタクシーでアートセンターに行くも期待外れ。近くのプロゴ ショッピングセンターに寄る。

車まで売っている巨大ショッピングセンターがだダサい。

バテイックを買った後、炎天下を歩いていたら素敵な街並みを発見。

表札もこのとうりなかなかのセンス。

緑滴る小道。街並み保存地区らしいが、地球の歩き方に出てない。

近くの食堂で昼食(スープ付ミーアヤム2人360)

帰宅後近所の大型レストランで夕食(アヤムゴレン他610)。隣のテーブルで猫が前客の残飯を食べてた。

帰り道、フランス人経営のカフェで美味しいコーヒーを飲みながら休憩。

 

5月18日(月)さようならジョクジャ è マレーシアへ

9:00ごった返す空港でチェックイン。

定刻に搭乗。AirAsia  ジョクジャ=>クアラルンプール 一人6800

火山があちこちに見える。さようならジョクジャ…….