スライドショー SLIDESHOW
(スライドショー中にスライドをクリックすると(又は英字キーを押すと)操作方法が表示されます。During the slideshow, click a slide (or press any alphabet key) to view HELP.)

TIPS

[F11]: フルスクリーン表示 ON-OFF  

[F11]: Full-screen Presentation ON-OFF

写真クリックでズーム ON-OFF

Click photo to zoom up/down.

[Ctrl]を押しながらマウスホイールでウインドウをズーム

To zoom the window, turn the mouse wheel while holding [Ctrl] down.


バルカラ1泊目/2泊 (3月16日  木曜  )

朝食を準備中のお母さん、どんなに忙しくてもカメラを向けるとにっこりポーズ。

簡単に朝食。

漁師フランシスがぶっ飛ばす危険この上ないツクツクでバルカラビーチへ。2時間¥2

昨夜の大雨でエンジン不調、通行人が押してくれるので私も押す、皆笑う

歩き方で紹介のブラックビーチのリゾートは高いだけでつまらないのでやめ。

アラビア海の荒波に洗われるブラックビーチ海岸。

歩き方紹介のメインビーチのジッキーズ ネストの最高値部屋を¥4千に値切る。

白人ばかりウヨウヨの有名ビーチなので何もかも高価。

安っぽいけど広い。冷蔵庫付き。

水回りも広く清潔。ムンロー島と違いホットシャワーなので智子さん大喜び。

ダライラマと亡命してきたチベット人多く、2Fのチベットレストランで昼食。眺めよし。

パクチーが効いたモモ(チベット風シュウマイ),カシューナッツ・干葡萄が混じったココナッツライスが美味しい。¥1020

レストラン、宿、店が並ぶメインロードの崖下には、アラビア海から大波打ち寄せるバルカラビーチ。

 

アラビヤ海に沈む夕日。

日没後もビーチで遊ぶ人々。

すっかり夜になる。

沖には無数の漁船の集魚灯。

昼と同じチベットレストラン、イカリングで飲む非合法キングフィッシャービールがうまい。¥1540

従業員が飛んできて、「ビールは足元に隠せ」と指示される。ヤレヤレ

 

 

バルカラ2泊目/2泊 (3月17日  金曜  )

早朝散歩でビーチ外れのジャナルダナスワーミ寺院へ。靴脱が面倒なので入らず。

砂浜に面した寺院に行く。

砂浜では行者が陣取り、家族が群がっている。

何かお供えを置いて拝んでいる。

拝み終わるとお供えを頭にのせて沐浴。

バスの運ちゃんのたまり場でミルクテイー。¥20x2

たまたま見つけた3流リゾートの食堂で朝食。トースト、オムレツ、ジュース ¥480

朝のバルカラビーチ。

ヘリポート広場まで戻る。ゴミが目に余る。看板の真下にゴミ。

ビーチはあまり人いない。空を舞うハヤブサのような鳥。

宿近くまで帰ってカフェで一休み、白人客ばかり。

モカ、ココナッツミルクコーヒー ¥520  何でもツーリスト価格で高い。

スイカ¥140を食べ昼寝していたらヤシの実が突然ドカンと屋根に落下、びっくり。

 

綺麗な日の入りを見に行く。

レストランの前では獲れたての魚を売っている。買った魚は好みに調理してくれる。

別のチベッタンレストランで夕食。チキンモモ、タンドリー風チキン、違法ビール.1540 味はも一つ。

キャンドルの向こうはアラビヤ海、無数の漁船の灯火。涼しい海風。

今日も炒りたての南京豆買う。¥20x2

 

 

 

トリバンドラム1泊目/1泊 (3月18日  土曜  )

涼しい早朝。ブラックビーチまで長い散歩。

小型リゾートのバンガローの向こうから日の出。

巻き網船が漁の最中。海鳥が舞う。

リゾートのレストラン(客は白人ばかり)でアメリカン、フレンチ ブレックファスト ¥780

苦労して薄汚れた列車\240x2に乗り州都トリバンドラムへ。線路はゴミだらけ。YMCA 3520にチェックイン.

酷暑を押して街歩きの途中、殆ど効いてないエアコンの中で昼食(マトンビリヤーニ、ミールズ ¥920)

猛暑,排気ガスの市街を歩き回る。写真はイスラム市場

香料売り場。

巨大なまな板と斬首を待つ山羊たち。

市場前のモスク。印度の都会は耐え難く、駅に行って明朝発コーチン行切符を苦労して買う。

想像を絶する渋滞、排気ガスの中をツクツクで有名な何とか寺院に行く。沢山の巡礼者。

高級ホテル内のリージェンシーでビュッフェ夕食。メニュー豊富、生野菜あり。非インド食をガツガツ。大変美味。¥2440

 

 

フォートコーチン1泊目/4泊 (3月19日  日曜  )

6:00臭いボロ特急。3.5時間¥340x2. 印客が沢山の弁当柄を窓を開けて投げ捨てたぞ!

 

駅でサモサ等朝食。フォートコーチンに渡り,ツクツクで宿探し,Orion Homestayへ。朝食込¥4600->4千に値切。2F3角屋根の部屋に泊る。

手入れされた芝生。綺麗、環境も抜群。

スト(弁護士)は階下居住か? 全くと言っていい程顔を見ない。

こんなところにジャックフルーツが。

階段上がると受付、食堂、台所、客室。

広々、清潔。智子さんは直ちに洗濯ロープ張る。天井ファンもOK.

エアコン強力。テレビ使用方法解らんが、どうせ言葉分からないので見ない。

水回り問題なし。どの宿にもある水浴び用バケツは洗濯にもってこい。

 

広々したバルコニー。

近所は邸宅街。実は最初に泊まった宿から近い。

緑が多い。

いたって静か。シャワー浴びてから昼寝z z z

買い物に出かける。生、無水マンゴージュース大変うまい¥160x2

シャワー昼寝して TALK AND TOWN (2)でココナッツライス、ビーフのココナッツ煮、チキンのココナッツ煮。スパイシーで美味しい。¥800

 

 

フォートコーチン2泊目/4泊 (3月20日  月曜  )

散歩後おばさんが作ってくれる朝食(トースト、オムレツ)後、隣のウイリンドン島へ。

ツクツクの運ちゃん達は「何もない島、やめとけ」と言うのをふり切って行く。

私の予想通りゴミ全く無い綺麗な海岸、印度とは思えない。

 

右が海、左は州政府高官の豪華な官舎が並ぶ。

こんなとこに住んでみたい邸宅。

突き当り港湾局のブーゲンビリヤが凄い。

撮影禁止だが門衛に頼んで撮影させてもらう。

ロータリーも綺麗。「ゴミ捨て罰金¥1万」の立て札があった。印度人もやれば出来るのだ。

 

高級リゾートVIVANTA HOTELに寄る。

海に面した素晴らしい庭園を勝手に歩く。

自家用ボートが係留。白人の婆さん客が悠々と本を読んでいる。

フォートコーチンの教会が見える。素晴らしい。

フォートコーチンの街が見える。

ホテル内のレストランでパイナップルジュース。何と¥700x2!!!

 

本土に渡り土産物を買いに行く。修道院が学校、慈善事業VIMALA WELFARE CENTER運営。

バナナの葉でできた鍋敷きを買う。¥600x3 慈善事業なので値切らず。

歩き方紹介のセイロンベークハウスで昼食。智子「遅いなー、早よ持って来んかい!」と言ったら通じた、不思議…

チキンフライドロール、コロッケ、ケーキ、水等11点。¥550

港のいつもの屋台で南京豆。昼食食過ぎ、帰って夜食は果物だけ。

 

 

 

フォートコーチン3泊目/4泊 (3月21日  火曜  )

早朝散歩。この屋台には女客皆無。いつもオッサンばかり、「Good Morning!」と言ってくれる。

勇気を出して注文すると東洋人に興味津々、椅子を持ってきてくれる。

チャイと出来立てバーダ。¥80 朝食時オバサンが白人客から洗濯物を受取り、白人が部家に帰ったトタン、床に全部ぶちまけたぞ!

 

街歩き。省エネの防暑。

色とりどりの香料入り線香。

ケララ風?壁。

ケララ風?壁。

向かいのビンピーン島に渡る。

チャイニーズネットはこの島のほうが立派。船からよく見える。

漁船も結構いる。

海岸に沿った綺麗な小道を歩く。漁労中の小型漁船。

漁網の繕い。

綺麗な教会。住民は殆どキリスト教。

フォートコーチンがすぐ向こうに見える。

揚網中、ほんの数匹しか獲れてない。

海岸から外れて緑あふれる住宅地へ。

たわわに実るパパイヤ。

印度にきて初めてのタクシー。3島巡り¥300に値切る。

大きな橋を渡ってたら立派な教会発見。

早速行ってみる。

教会前広場。暑すぎる…

KTDC(ケララ観光公社)のリゾート「ボルガテイパレス」に寄る。

タクシーを待たせたまま、よく手入れの行き届いた美庭を歩く。

向こうにエルナクラム(コーチン本土側)が見える。

美しい庭園。

大好きなプルネリア。

芳香。

向こうにリゾートの専用桟橋。

 

本土側にてサンセットクルーズ催行人数不足で申込できず、フェリーで帰る。砂糖黍ジュース。

100%なので美味しい。¥40x2  船はたったの¥8x2

以前通り過ぎるだけだったツーリスト向けロシータガーデンレストランで遅いランチ。

感じのいい中庭。ベジ、シーフードカレーのミールズ、ラッシー ¥1120 客は白人ばかり。

夜前回と同じカタカリセンターに古典楽器の演奏を聴きに行く。

智子「5曲皆同じように聞こえた」。私は感銘を受けた。録画・録音電池切れて失敗。

 

 

フォートコーチン4泊目/4泊 (3月22日  水曜  )

散歩後、明日のチェックアウトを¥2000で夕方まで延長する。支払をごまかされそうになる。

最後の街歩き、北インド風壁掛け¥1800に負けろと言ったら即座にまけた。もっと値切ればよかった。

歩き方紹介のバスコハウスでコーヒーブレーク。

レトロないい感じ。

壁に掛かっている白黒写真が気に入り、マッタンチェリーまで行くも見つからず。

 

歩き方紹介のダルロテイーで昼食。

カテイ-ロールなど¥740。脂っこく口に合わず、ゲーップ…

,遠くのグリニックスビレッジで芸能見物。余りにも俗化されすぎ。

お姫様役の男優は歳喰いすぎ。後ろの老衰の爺さんが力強く歌い始めたので吃驚

最後に記念撮影。サービス満点。観客は殆ど白人。

 

 

 

帰国 (3月23日  木曜)

最後の街歩き。ホームステイ前。

 

ランドマークの給水塔。

これもランドマークの大木。

涼しげな道。

ホッケーを楽しむ子供たち。

宿に帰ってくる。

昼食は近くのチベットレストラン。今まで存在に気が付かなかった。

ベジモモ、ベジヤキメシ、牛ドライカレー。

夕方エアコン付空港バス¥170x2。狭い混雑した街路を信じられないような速度で行く。

ローカル色漂う空港着。往路と同じくマレーシア乗り換えで無事関空着。印度と違いメチャ寒い。

今回の土産: バナナの葉でできた鍋敷き。¥600x3 慈善事業なので値切らず。

 

北インド(ラジャスタン)風壁掛け. イスラム、アラビアンナイト風。¥1800に負けろと言ったら即座にまけた。もっと値切ればよかった。